決算書の作成は会計システムの導入で解決する

会社は規模の大小を問わず決算書を作ります。

決算書を作成する目的は、経営者が経営判断をするためであったり、投資家が投資判断を行うためであったり、金融機関が融資を行うかどうかの判断をするためだったりします。

また、取引先が見ることもあるでしょう。

規模によって金融商品取引法による規制の対象か否かの違いはありますが、納税計算の観点からは必ずどんな会社も作ることになるのです。決算書は、誰かが勝手にルールを決めて作ってしまうと、決算書から読み取れる利益の額などに客観性がなくなってしまいその存在意義が失われます。
そのため、一定のルールに従って作ることが求められます。


中小規模の事業の場合は、会計ルールと税法のルールが違ったときは税法ルールだけで割り切って作成する場合が多いですが、大企業はそうはいきません。

会計のルールも税法のルールも非常に複雑で、コンピュータシステムの力を借りないと大変です。

そのため、多くの会社が会計システムを導入しています。



このシステムは、スペックや価格の違いからいろいろな選択肢があります。



安価で信頼性が高い汎用的なソフトもありますので、事業を立ち上げて間もない場合などはまずはそういったシステムを使用して様子を見るとよいでしょう。
また、事業が大きくなってきたら、会計システムだけでなく、営業管理や工場管理なども一体となったERPの一部として会計モジュール導入するという選択肢もあります。

本物のコトバンクの情報が必要なタイミングで手に入ります。