ERPパッケージの導入前に決定しておきたいこと

社内の業務改革を実施してからERPパッケージのカスタマイズをおこなうより、パッケージの教育を受けてからどう業務を買えるかを考えたほうが早いということもあります。

パッケージベンダーは契約完了後に導入作業がスムーズに進むようにユーザー企業にプロジェクト体制をつくるように要請しますが、当初からERPパッケージ導入しか選択肢がなかった企業では、パッケージベンダーの要請通り契約時点を導入作業のスタートと考えそのタイミングに合わせてプロジェクト体制をつくる可能性があり、ここに落とし穴があるのです。

例えば、事前にシステム化構想の検討を行っていた企業はシステムに対して何を求めるかというコンセプトが明確になっています。


しかし、新システム化構想を行っていたものの、ERPパッケージ導入を前提にしていたものではなかった場合、ERPパッケージを採用することを決定するためには、いくつかの理由が存在するのです。



そのひとつに、システム化構想に対するカバーする割合が高かったということがあげられます。



パッケージ選択に際しては機能の多さを判断基準にする企業もあるが現行業務に対し、パッケージがどれだけその機能をカバーにしているかを分析しそのカバー率の高いパッケージを採用する方法もあるのです。



既に動くことがわかっているパッケージ導入を決めているのだから業務分析やシステム化の計画を行う必要がないと思われますが、あくまでソフトウェアは業務処理を行うための機能を提供するものであり、業務管理の基本的な考え方は事前に決定されている必要があります。