減価償却のシステムとは

減価償却と聞いてイメージがつく人もいるかと思いますが、難しいことばなので、あまり意味がわからないという方も多いのではないでしょうか。

社会人になった方は、一つの知識として知っておいたほうがよいかと思います。



そこで、減価償却のシステムを簡単にですが、説明していきたいと思います。


減価償却とは、一言でいえば企業の資産を計算する方法になります。

たとえば、パソコンを一台買ったとします。

このパソコンを10万円で買ったとしたら、費用が10万分かかっているので、実際の見え方としては10万円の支出となりますよね。

普通に考えると、このパソコンの費用を買った年の支出として計算すると、買った年に多くの出費があり、次の年には何も出費がなかったことになります。
スーパーで何かお買いものした時と同じということですね。

NAVERまとめの情報がわかりやすく紹介されています。

しかし、企業ではこのパソコンなどは一度に複数台導入することも珍しくありません。



そんな時に、1年にすべての出費がまとまってしまっては、その年が大赤字になってしまいかねません。


そこで登場するのが減価償却になります。

この計算では、償却年数というものをそれぞれにつけ、費用をその年数で割ったものを、その年のコストとして計算します。


また、資金を調達する意味でも、この償却年数で計算していきます。
かなり難しい計算になりますが、減価償却用のシステムも多数ありますので、大まかな概要を把握したあとは、システムに頼って計算をしたほうが正確な数字を出すことができます。